エデュケーショナルバレエコンペティション

COMMENT

卒業生からのコメント

玉井るい

玉井るい

新国立劇場バレエ団
元ウィーン国立バレエ団ドゥミソリスト
チャイコフスキー記念京都舞音バレエ出身・ワガノワバレエ
アカデミー留学
インターナショナルダンススクール、東京インターナショナル
バレエカンパニー公演出演

「日本ではバレエと勉強の両立が難しいなか、両立できる環境ができることは素晴らしいことだと思います。バレエについての知識も学べ、高校の勉強、そして生活できること、これを機にこういう環境が広がっていったらと思います。知識が増えたうえでの留学・就職は、もっと大きな可能性が広がるんではないかと思います。」

亀本彩奈

亀本彩奈

ドイツHalleバレエ団
ローザンヌ国際コンクール参加後
ドイツ ハインツボスルシューレへ留学、
オランダ国立バレエ団研修生
元ドイツHofバレエ団

「私が学生のころは、毎日学校とバレエの行ったり来たりで、両立が大変でした。いち早く海外で本格的に勉強したいと思っていたので、結局高校は卒業せずに留学したのですが、今となってはバレエで暮らせるようになったので良かったものの、高校くらいは卒業しておけば良かったかなとも思います。その点留学しなくとも、本格的なロシアのメソッドが学べる国際高等バレエ学校は、バレエにも勉強にも専念できる素晴らしい環境だと思います。」

ド・ランクザン真里花

ド・ランクザン真里花

ウクライナ ハリコフ バレエアカデミー
サンクトペテルブルグ・クラシカルバレエ団

「私は、幼稚園からリセフランコジャポネという東京で唯一のフランス人学校に通いながら、4歳からインターナショナルダンススクールでバレエを習いました。今はサンクトペテルブルクのバレエ団で働きながら、バレエ教師の資格を取るために芸術大学に通っています。

小・中・高校生のころバレエと学校を両立するのはとても大変でした。学校なんてやめて、海外のバレエ学校に入ってバレエだけやりたいとずっと思ってました。でも、今思うとちゃんとリセを卒業してよかったと思います。日本人留学生はバレエ学校の生徒のように、9年間バレエと普通の教育の授業を受けたわけではなく、数年バレエの専門の授業だけを受けただけなので、卒業後証明書はもらえますが、バレエ学校卒業資格はもらえません。卒業資格がもらえないということは、どこの大学にも入れません。もしバレエ団がすぐ決まってバレエダンサーとして働ければ問題ありませんが、みんながなれるものではありませんし、ダンサーという職業の寿命もそう長くありません。でも、バレエ学校の卒業資格があれば、別の職業にもつきやすくなります。

また、海外だと言葉の壁があったり、ホームシックになったりすることもありますが、国際高等バレエ学校は、留学しなくても本格的なロシアのメソッドが学べます。高校卒業資格が取れて、本格的なバレエをしっかり学べる、日本でたった一つのバレエ学校だと思います。」

PAGE TOPPAGE TOP